トップ / 解離性障害カタレプシーとは

解離性障害カタレプシーとは

カタレプシーの症状

解離性障害という病気の症状

解離性障害はトラウマ経験から自分が自分でなくなる感覚があったり、記憶の欠如、別人格の形成などが起こる病気です。この症状の一つにカタレプシーと呼ばれるものがあります。一時的に体の一部や全体が硬くなり、動かなくなる症状のことで、記憶の欠如などと共に起こることもあります。一定時間が経過するともとのように動くのですが、無意識によるため、意志の力でカタレプシーを解決することは困難です。時としてうつ症状を伴うこともありますので、病気の治療には抗うつ剤や安定剤を補助的に使用し、心理療法による解離性障害の大元となるストレスの緩和が試みられます。

エステ,解離

解離性障害カタレプシーについて

解離性障害は不安障害のひとつで自己のアイデンティティを失い、自分が自分でないような感覚の症状をもつ心理的な外傷が発端で病気を発症すると解明されています。その症状の一つである、カタレプシーは緊張性障害で突然体が硬直し動かなくなってしまうなどの症状がおきます。過去の過酷な体験などにより自己の防衛反応が働き解離性障害は本人への日常生活への影響も大きく、支障をきたすのでケアが重要な課題となります。ストレス性のこの症状では周囲の理解と不安を排除した安心して生活できる環境がダメージを避けるためにも必要であり、病気の回復への手助けとなります。

↑PAGE TOP